HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

20代・30代女性に話題沸騰中の占いです★

カリスマ占い師&霊能者が鑑定する恋愛占い

彼・元カレ・旦那・気になるあの人のことがズバリわかります♪







占い

ここであえての動物占い!おすすめアプリを紹介

投稿日:2014年10月27日 更新日:

意外に当たる! 「動物占い」のうそほんと!

占いにも色々とありますが、割とたくさんの人が「マユツバ」だと思っている残念な占いのひとつに、「動物占い」があります。

動物占いは、かわいらしい動物のイラストが登場し、「あなたは、コアラ」とか、「あなたは、ペガサス」など、動物にあてはめられて診断をされるので、最近作られた適当な占いだと思っている人が多いのです。

 

動物占いの歴史は確かに長くはありません。
最初にブームが訪れたのは、1999年の頃。

まだ20世紀ではありますが、遠い昔ではないでしょう? 当時は様々な本が発売され、高校生達は寄るとさわると、動物占いの話で持ちきりになったものです。
しかし一方で、動物のイラストの、ちょっとギャグまじりのかわいさや、カラフルな図柄から、動物占いは当時から半分以上、子どものお楽しみと捉えられていました。

ラグジュアリーな大人のものではなく、当然的中率もあてずっぽうと思われていたのです。

販売されはじめた当初、動物占いの動物は12種類でした。
12の動物というと、西洋占星術のいわゆる12星座占いを思い出す人も多いと思います。
動物占いの動物の中には、東洋では見かけない西洋動物、「ペガサス」なども入れられていますので尚更。
しかし、動物占いは、12星座占いとは全く関連性がありません。

514

12という数字で思い起こしていただきたいのは、動物占いの場合、「干支」です。もちろん、日本で干支の神話に言われる12の動物と、ペガサスとは相容れないものがありますね。
動物占いの12の動物と、ねずみ、牛、虎……とは別物なのですが、動物占いと干支とは関係があります。