HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

今売れてます!

美容なび 紫外線

コラーゲンの経口摂取のみでは、効果が実感できない方!

投稿日:2014年5月16日 更新日:

5分で理解するエラスチン

紫外線などで肌にダメージを与えやすい季節になりました。

肌の弾力を助ける成分はコラーゲンが有名ですが、近年注目されている成分に『エラスチン』があります。

食品からの摂取が難しくサプリメントで取り入れるのが効果的で美容に重要な成分と考えられています。

今回はエラスチンについて調べたみました。

エラスチンとは

エラスチンとはコラーゲンの線維を支える役割を持つ線維であり弾性線維とも呼ばれる。
ヒトのエラスチン含有量は、項靱帯で約78~80%、動脈で約50%、肺で約20%、真皮で約2~5%を占める。
ヒトだけでなく、ブタやウシ、ウマなどの哺乳類やその他では魚類などにも含まれている。

エラスチン - Wikipedia

エラスチン

エラスチンの効果

コラーゲンとエラスチンは、肌の弾力やハリに関係する、アンチエイジングには欠かせない成分の一つです。
コラーゲンやヒアルロン酸とともに重要な成分で、一緒に摂ることでさらに美しさに磨きがかかると言われています。

エラスチンの効果としてはコラーゲン同士を結びつける働きを持つ繊維状のたんぱく質で、皮膚の真皮や血管、靭帯などに存在し、肌にハリや弾力を与えたり、血管や靭帯の柔軟性・伸縮性を維持しています。

しわやたるみ、動脈硬化の予防に働きかけるといわれています。

エラスチン動画

ではどこで取るのがいいのでしょうか?

 

食事から採取

エラスチンを多く含む食べ物は、牛すじ肉、鶏の手羽先、
軟骨、魚の身や皮などがあります。

特に牛の大動脈やカツオの動脈球などに多く含まれているそうです。