HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

今売れてます!

話題のなび

トレーラーハウスについて押さえておくべき2つのこと

投稿日:2014年5月22日 更新日:

最近近所にタイヤ付のプレハブを販売している会社があります。

キャンピングカーにしては大きすぎるし、タイヤついてるからプレハブではないみたいだし・・

トレーラーハウス

トレーラーハウス

やけにデカいのもある( ゚д゚ )

気になって調べてみたところ、『トレーラーハウス』と言うようです( ー`дー´)キリッ

そもそもトレーラーハウスって何?

キャンピングトレーラーの体裁を取りながら、特定の場所に定住する目的で設置するキャンピングカー。

公道走行が可能になった

平成24年12月の法改正により、大型トレーラーハウスの公道走行が可能になった。

建物?自動車?どっちなの?

格安トレーラーハウスを購入するためのポイント

普通の住宅や別荘と比較してもトレーラーハウスを購入する際のコストは半分くらいで済むことが多いのでそこそこのおトク感があります。
しかも、生活したいところへいつでも動かせるのが魅力です。
法的なことさえしっかりと順守すれば税金などを大幅に減らすことができます。
また、もしトレーラーハウスを手放すことになったとしても愛好家やファンが多いのであまり苦労せずに売却してしまうことができます。
さらには、その時々でトレーラーハウスを置いた場所を経験できますのでそこにそのまま住み着くのか、また違うところをさがすのかを住みながら考えることができるという点もトレーラーハウスのメリットとして挙げられるかもしれません。

意外と知られていない行政的なテクニックとしては、トレーラーハウス自体がいつでも移動できるように出し入れ可能な状態にしておくことで自動車が駐車しているということを自治体にアピールして認められれば不動産的な法的制限や税制を回避することができるのです。
また、その分だけトレーラーハウスを置いた土地を有効利用できるともいえます。

土地を借りるケースであったとしても、土地を貸す側から見れば、一戸建て住居などを建てられてしまうよりも土地全体を占有されることがないため比較的好印象で迎えられ、借りやすいということがいえます(ただし、その他の条件により制限がかかる場合もありますのでしっかりとした事前の確認はおろそかにできません)。

よくある質問としてトレーラーハウス自体の耐震性についてがありますが、基本的に地面にはタイヤが接してますのでタイヤが地震の揺れを吸収してくれます。従って、倒れて壊れてしまうことを不安視することはあまりありません。