HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

今売れてます!

お金の悩み

借金の知恵袋!借金を内緒にしたい人の裏技

投稿日:2015年7月8日 更新日:

消費者金融業者から自宅に電話を掛け続けられたり、手紙を開けられて身内にばれる方が多くいると思います。

また会社に電話を掛けられ続けて会社にばれるだけでなく、会社を首になった方も珍しくありません。

StartupStockPhotos / Pixabay

本当であれば、借金を隠し続けることはオススメできませんが、ばれたらどうしようと考えすぎるあまり何に対しても手が付かず、日常生活に支障をきたすほどの状況になっているのでしたら、ばれにくくする方法があります。

電話攻撃と集金を封鎖する方法

あまりに単純で「えっ」と思うかもしれませんが、電話がかかってきた時にばれにくくする方法は携帯電話に出ることです。

業者はあなたに取立てをかける順番が、

1、自宅
2、携帯電話
3、会社
4、入金を促す通知を送る
5、集金(電話で連絡が取れなくなった場合)

と通常決まっています(貸金業規正法で決まっている)。

そこで、まずあなたが業者に電話をして携帯電話に掛けるようお願いします。

そして、必ず携帯に電話がかかってきた時にでれば良いのです。

これだけで自宅や会社に連絡がいくのを防げます。

もし、電話に出れなかった場合も、すぐに掛けなおすようにすれば、他の連絡先に電話が行く前に止められる可能性もあります。

あなたが希望する場所以外に連絡がいくのは、あなたと連絡が取れないからです。

連絡が取れて入金の約束が出来る、もしくは次の連絡を取る約束が取れれば通常業者は連絡してきません。

それならこの事実を逆手にとって連絡を携帯でいつも取ればよいのです。

そしたら自宅や勤務先に連絡の行きようがありません。

単純ですがこれでばれにくくなります。

携帯で連絡が取れているので、他に連絡する必要がなるのですから。

 

もし、約束をしているにもかかわらず、約束の時間前にまた業者が電話してきた場合は

 

「約束しているにも関わらずその時間前に連絡してくるのは嫌がらせですか?もしそうなら財務局にその事実を報告させていただきます。」

 

と主張し追い払いましょう。

 

どちらにせよあなたに連絡が取れない場合に色々な場所に連絡をしてくるのです。

あなたが延滞している場合は連絡が取れるまで業者は何度も色々な所に電話してきます。

このひつこい電話で身内や会社にばれるのです。

 

それに、業者の味方をするわけではありませんが、延滞しているのに連絡が取れないのはルール違反ですし、それはどうかと思います。

 

取引をしているのは事実なので遅れる旨をきちっと連絡するべきです。

こちらがルールを守っているからこそ、取引の中でこちらの言い分も後ろめたくなく主張することができるのです。

めんどくさくてもきちっと誠意を見せて連絡を取るべきです。

その上で少しでも脅しや嫌がらせを受けた場合は主張すればよいのです。

 

そうすれば業者もビックリして引いていくでしょうし「あなたが言うことはもっともだ」と言い返すことが出来なくなるのではないでしょうか。

以上のことを実践するために、あなたも携帯を変えた時はすぐに業者に報告しましょう。

これだけでもばれにくくなりますし、通常は電話で連絡が取れているのに集金にも行きません。

 

連絡が取れているのにもかかわらず「今から行くから待っとけ!!!」などとわけのわからないことを言ってくる業者は財務局や本社に報告し、さらに録音しておくなど証拠もとっておいて、あなたの債務整理をする時に有利になるように使いましょう。