HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

20代・30代女性に話題沸騰中の占いです★

カリスマ占い師&霊能者が鑑定する恋愛占い

彼・元カレ・旦那・気になるあの人のことがズバリわかります♪







お金の悩み

借金の知恵袋!借金の支払いが厳しい場合の対処方法

投稿日:2015年7月8日 更新日:

支払いが厳しい場合の対処方法 銀行ローン

geralt / Pixabay

銀行ローンの支払いが厳しい場合の対策として、銀行などの低利の業者との取引の中で支払が厳しい時は、まず、話し合いによりリスケジュール(支払計画の見直し)できないかを考えてみましょう。

通称、リスケと言われているものです。

支払のリスケジュールをするだけで状況が好転するケースも多くあります。

ここではその際にうまくいく為のコツを書いていきます。

まず、支払のリスケジュールを試みる時は、事前に支払が厳しい旨を連絡しておき、実際に1度支払いを止めてしまいましょう。

これは一見、相手に石を投げつける行為のようにあなたは思うかもしれません。

しかし、現実はあなたがどれだけ誠実に対応し、そして何かの事情により

 

「返済が厳しくなったので少しでも減額して欲しい。」

 

と頼んでも相手はなかなか話し合いには応じてくれないからです。

 

突然の病気などで支払が厳しくなり、その旨を金融業者に伝えても無視され、どうしようもなくなって消費者金融会社や商工ローンなどに手を出し、全てを失ったなんて話はよく聞きます。

 

高利の業者から借金をしてその場しのぎをしても状況は悪化するだけです。

 

また、前もって銀行の担当者に「どうしようもなくてサラ金や商工ローンからの借金を考えている」などと話しても上の空です。

このような相談をされている時に対応しないと、自分たちに支払ってもらえない可能性が高くなるにもかかわらず、銀行員などはまともに対応してくれないのです。

まず、話し合いのテーブルにつかせないと前進はありません。

あなたが支払いを止めた瞬間に、銀行の担当者はまるで爆弾でも打ち込まれたかのようにあわてて連絡してくるでしょう。

あれだけあなたが困っていることを話しても動かなかった担当者があわてて動き出すのです。

ただし、後の交渉がスムーズに行く為に必ず誠意を持って事前に支払が厳しい旨を伝えてから支払いを止めてください。

交渉段階

geralt / Pixabay

まず、事情を再度話し、毎月支払が継続できる根拠などをきちんと話します。

奥さんがパートに出て給料をもらいだしたら問題は解決するなどの状況も多いので一時的な支払い減額でもいい場合があるかもしれません。

どんな金融機関でもそうですが、最低でも金利分は毎月払って欲しいと思っています。

あなたのローン支払が仮に毎月20万円で、毎月の金利分が仮に10万円だとすると、この10万円+アルファが支払える(毎月11万円づつなど)場合、交渉はある程度成立を見込めるものなので、自信をもって挑みましょう。

1度の交渉で話がまとまることも多くあるので大丈夫です。

上記の例の場合、言い方を変えれば、毎月9万円のお金がうくわけですから、1年で108万円の借り入れをしたのと同じ効果をもたらします。

もし、商工ローンや消費者金融など高金利の業者で借りて同じ効果をもたらそうとすると同じ1年後にはかなりの差が出ることは明らかです。

これが銀行から3年の猶予をもらったとすると金額の差は恐ろしくなると思います。

変なことをする前にまず相談してみましょう。

金利分さえも支払が厳しい場合

しかし、もしあなたが金利分さえも支払が厳しいというのであれば、話が複雑になってきます。

 

このような場合、銀行は交渉に応じることはほとんどありませんが、誠意を見せる為にある程度、たとえ5万円でも一方的に支払続けると銀行側はしばらくの間、競売や差し押さえなどの措置を控える場合も多く見られます。

 

絶対とは行きませんが、心理的にもしばらくは見てくれる確率は高いでしょう。

各銀行によって考え方が違うのですが、都銀の場合、この方法で、大体の目安としては、約半年ちょっとぐらいは猶予を見てもらえる可能性はあります。

このあたりはあなたと銀行の駆け引きしだいで変わると思いますのでしっかりと見極めてください。

また、第一地銀は都銀と同じような効果を期待できるかもしれませんが、第二地銀や、財務状況が悪い地銀、破綻寸前の地銀などはすぐに法的処置がとられる可能性は高いといえますので気持ち的にも覚悟しておくことが大切です。

その上で債務整理なども視野に入れて対応しましょう。

信用組合や信用金庫の場合は、法的な措置をとるまでの期間が非常に長く、支払条件の変更にものってくれる可能性は高いといえます。

しかし、信用組合や信用金庫は連帯保証人や担保などの要求が非常に強いため、さらなる連帯保証人や追加担保を求められるでしょう。

この場合は、どちらも用意することは難しい旨を伝え、担当者の所に支払える分の金額を持って、しつこく伺いましょう。

そのうち話が支店長の所まで持ち上がります。

そこまで根気よく頑張ります。

信用金庫や信用組合では、支店長の決裁権は非常に高く、追加担保や追加の連帯保証人が免除されるだけでなく、支払も利息のみにしてもらったりして猶予をもらえるケースも多くあります。

まずは支店長まで話をあげること。これが大切です。

しかし、もし猶予期間がもらえたとしても、あなたに大幅な収入の改善が見られない場合は、やはり、債務整理をしたほうが良いと言えるでしょう。

支払いが厳しい場合の対処方法 住宅ローンの場合

tpsdave / Pixabay

住宅ローンの支払いが厳しい場合の対策としてまず、借り換えを検討してみましょう。

この時に注意する点としては、最近はボーナスなども安定しないので、できればボーナス払いを併用しないこと。そして数年後からの変動金利タイプのローンを選ぶことです。

1年ごとに見直す変動金利では、利率が急に上がっている可能性があるためです。