HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

今売れてます!

豆知識

周りにいませんか?さげまんの女性・さげまんの特徴5選

投稿日:2015年6月15日 更新日:

皆さんの周りであの人は『あげまん』だとか『さげまん』だという話になることありませんか?

RyanMcGuire / Pixabay

僕の友達でキャバ嬢のあげまんがいるらしく、その子の会った後パチスロに行くと大勝ちするらしく、友達曰くあの子はあげまんやでwwと言ってました。

 

もしくは、先輩の奥さんなんですが誰がどうみても『さげまん』・・・・・・・・

って人もいます。

 

今日は「さげまん女性」の特徴 について調べてみました。

 

さげまんの特徴

さげまんは男性を束縛する

 

さげまんな女性の特徴として、男性を束縛するというのが挙げられます。

独占欲がつよいです!!

彼氏(旦那さん)が友人と飲みに出かける時など、「誰とどこに行くの?」と事細かに聞いたり、「何時までに帰ってきて」と門限を決めたりする女性が多いと思います。

さらにひどい女性は飲みにもいかせないって奥さんも知ってます。。

しかし、このように男性を束縛するのは、彼氏(旦那さん)の成功や可能性を狭めてしまうことになります。

毎晩飲み歩いているのも問題だと思いますが、少なとも週末は束縛せずに見守る余裕が必要です。

飲みに行くことで、知らなかった情報やお金を稼ぐ発想などそこで聞いたことが将来的なビジネスチャンスになるかも知れないのです。

さげまんはマイナス思考

物事をネガティブにしか考えられないさげまんは、彼氏(旦那さん)の運気を吸い取ってしまいます。

未来に不安しか見えず、彼氏(旦那さん)の成功する可能性などゼロに等しく感じていると、彼氏(旦那さん)もそれに引きずられるように悲観的になって、本当に苦労だらけの人生を歩むことになります。

但し、無駄にポジティブな人はダメです。

さげまんはダメ出ししかしない

彼氏(旦那さん)に対して、「こういう部分は直してほしいな」と思うことはあるでしょう。

「今よりももっと素敵になってもらいたい」という想いから、彼氏(旦那さん)を甘やかさずに指摘するのは良いことです。

しかし、毎日のように細かいことを指摘していて、気付けば彼のダメな部分にしか目がいかなくなってしまっていては、それは立派なさげまんです。

相手が納得できないことを命令口調で伝えるのではなくて、相手のプライドを傷つけずに「もっとこうしたらよくなるんじゃない?」「これをするべきじゃない?」と納得できる形で伝えてあげることで、男性が素直に受け入れらるようにするのです。

些細なことでも彼を褒めてあげれば、実力以上の力を発揮する場合だってあります。このタイプは、その可能性を潰してしまいます。

さげまんは尽くし過ぎてしまう

「彼氏(旦那さん)のためなら何でもしてあげたい」と、何でもかんでもしてあげる。

まさに、さげまんの代名詞とも言えるタイプです。

尽くせば尽くすほど、彼にとっては、それが当たり前になってきます。

その結果的、彼を最強のダメ人間に成長させてしまうのです。

男性というのは、基本的に甘えん坊です。

女性が甘やかせば、子供のようにどこまででも甘えます。

こうなってしまったら彼氏(旦那さん)は立ち直るまで大変です。

 

さげまんは自分大好き

とにかく自分が可愛くてしょうがないこのタイプ。

彼氏(旦那さん)のことは好きだし、支えになってあげたいとも思うけど、そのために自分が我慢するのは嫌。

このように自分の幸せが第一という女性もさげまんの気があります。

そして自分大好きなので周りにも無駄なアピールをします。

そんなアピールしなくてもいいですよ・・・気持ち悪いです。。

女王様のように自己中な彼女に振り回されたら周りから見てもかわいそうに思えてきます。

仕事から帰ってきた旦那さんを笑顔で迎え入れる。

ときどき「ありがとう」と声をかける。

そんな日常の小さな積み重ねが、旦那さんに活力を与えるのです。

思いやりですね。

 

まとめ

 

さげまんの特徴は、相手の夢ややりたいことよりも、自分のことに時間や労力を使わせる傾向にあります。

その結果、「男性の運気が下がった」だとか、「ビジネスの成功ができない」等と言われています。

基本的に男性は、女性に左右される生き物。女性が「あげまん気質」だと、男性は成功します。

それだけ女性の存在というものは影響力が大きいのです。

ちょっと大げさかもしれませんが、男性の運命は女性が握っているのかもしれませんwwww

最後に男性は女性に感謝することを忘れてはいけません。

 

スポンサーリンク