HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

今売れてます!

知恵袋

PTSDには効果的なBST(ブレーン・ステート・テクノロジーズ)

投稿日:2015年10月3日 更新日:

最近、BST(ブレーン・ステート・テクノロジーズ)が話題になっているそうです。日本では、「ブレイン・レスキュー」と称しています。大変関心があります。

病は、バランスを欠いておかしくなった結果だという考えがあります。その中でも最重要の脳のバランス、その原因のほとんどが、無意識も含めてトラウマによるものと言われています。その代表的なものがPTSD。

holgerheinze0 / Pixabay

特定の刺激に対して感じないようにする脳の自己防衛機能とも言われているが、何かのきっかけで、すぐそのアンバランスな状態に戻ってしまうのが特徴。

そのトラウマに悩んでいた人(有名人)が、何とかならないかと考えた結果が、自分の脳の振動する音をフィードバックする事により、脳自体がバランスを取ろうとする働きを促すカリキュラムを開発したのがBSTだそうです。

うつ病・不眠・PTSD・不安神経症・パニック障害と思ったらブレインレスキュージャパン

英語とコンピュータに強くて自分がPTSDで、どうしても治してみたいという人はアリゾナのブレーン・ステート・テクノロジーズに行って技術を習得してくると自分の一生が変わるかもしれません。

(以下、関連記事をブログから引用)

ブレインレスキューとは

コルマン博士の説だと、2011年10月28日以降、左脳と右脳が統合されて、バランスのいい人格になると。

そうなると物質的欲望そのものが非常に薄くなる。

つまり一瞬一瞬生きていることそのものが喜びに感じる人格に変わるんですね。自然にそうなる、自動的にそうなるだろうと彼は言っています。

BSTで脳のバランスが整うことで、過去世や民族のトラウマが消えるともガーディスは言っています。

日本人は、戦争ですべて焼け野原になり、それまでの価値観も日本人としての誇りも根こそぎにされたことが民族のトラウマになっている。
それを脳レベルで回復させることができるそうです。

geralt / Pixabay

ガーディスは、90歳を超えた認知症の自分の母親にもやってみたそうです。20回のセッション後、いきなり立ち上がって、今は元気でひとりで生活しているそうです。

BSTのセッションを受けさせたら、全員学業で最優秀者リストに名前を連ねるようになったそうです。

こんな方におすすめします

  • 長年病院の薬を飲み続けているのに症状の改善が見られない方
  • なんだか憂鬱だ、やる気がしない、など思っているけど病院には行きたくない方
  • タバコやお酒がどうしても止められない方(その他の依存全般)
  • 自己能力をアップしたい
  • 集中力をアップさせて学力を高め希望の学校の試験に臨むぞと思っている方
  • スポーツや芸術など自分の技術を最高に高めるぞと思っている方
  • 自己向上・ストレス解消したい

ブレインステートテクノロジーズはリー・ガーディスという天才はだの著名なエンジニアが開発したテクノロジーです。ちなみにアマゾンなどで買い物をすると「この商品を買ったお客様はこの商品も買っています」ないしは「お客様にお勧めの商品」など、個人のニーズをとらえた製品が並びますが、このシステムを開発した人物こそガーディスです。

ガーディスは、全米から選ばれた優秀な企業家やエンジニアが名を連ねるリストのフォーチュン500にも掲載されたことがある著名人です。
彼はアマゾンのシステムを開発した後、大脳科学者の協力を得て脳を最適化するテクノロジーの開発に乗り出したのです。

ほとんどの問題は脳のアンバランスが原因

開発の過程でガーディスは大きな発見をしました。それは、ノイローゼやウツなど心のさまざまな問題は、実は脳のアンバランスから起っているという事実の発見です。

geralt / Pixabay

ガーディスは、ネバダ州刑務所の協力を得て、重罪犯の受刑者の脳波を詳しく調べることができました。その結果は、多くの受刑者で右脳のみが極端に活性化しており、左脳がまったく動いていないという大変にアンバランスな状態であったことを確認しました。それはどういう状態かというと、受刑者の脳は統合されておらず、分裂した状態だということです。脳のこのようなアンバランスが原因となり、多くの受刑者は、心の中からそれこそ競り上がって来る暴力衝動をコントロールできなくなっていたようなのです。