HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

今売れてます!

薄毛

薄毛に悩む30代男性は食生活を見直すべし!

投稿日:2015年12月25日 更新日:

仕事が忙しく昼食を抜いたりインスタント食品ばかり食べたり、仕事がうまくいかずやけになって暴飲暴食をしたり、深夜までお酒を飲んだり、、、と、30代は何かと忙しい年代です。

しかし、忙しいからと言って食生活を適当にしているとどんどん薄毛が進行してしまう可能性があります。

もしくはすでに進んでいる方もいるのではないでしょうか。   薄毛の進行を食い止めるために今から食生活を見直しましょう。

食べ物が原因で薄毛になる?!

Counselling / Pixabay

抜け毛が増える仕組みは、男性ホルモンが毛乳頭や皮脂腺に運ばれた後に、酵素によって悪玉ホルモンに変わってしまうことでおきます。

悪玉ホルモンが増えると、皮脂腺が肥大化するのですが、その際、5αデハイドロテストステロン(5α-DHT)という誘導体が大量に発生します。

5α-DHTは男性のひげを伸ばす働きはしますが、頭髪に対してはなぜか抑制的に働きます。   結果として、抜け毛が増えて薄毛やハゲにつながります。

問題なのは、ほとんどの男性が、この状態を悪化させる食事の摂りかたをしていることです。

 チョコレートのような脂質の多い食物や肉食が原因とする向きもありますが、もっと正しく言うと・・・

問題なのは酸化した油とトランス脂肪酸を使った食物をたくさん食べていることなのです。  

刺激物が原因で薄毛になるようです

  薄毛というのは遺伝の結果でもありますが、生活習慣の結果でもあります。

そう考えると、薄毛になるというのはまさにそのひと自身を表すものと言えます。

極端に若い時の薄毛は遺伝の影響が強いのでしょうが、30代の薄毛は生活習慣の乱れが大きく影響しているはずです。

生活習慣には食事や睡眠、運動などいろいろありますが、嗜好が強く反映されるのは食習慣ではないでしょうか。

好き嫌いがさまざまに表れる習慣だけに、食べるものというのは個人差が著しいものです。

薄毛にならないために注意したいのは嗜好品の摂取についてです。  

嗜好品としては酒やコーヒーが真っ先に思い浮かびますが、辛いものや甘いものなどもそのひとつです。

酒も甘いものも辛いものも適量なら大して害はありません。  

問題なのはそれが好きで摂取し続けることです。

嗜好品を毎日摂取しているなら、それは髪に影響を及ぼす食習慣となります。

酒は言うまでもなく、コーヒーや辛いものも毎日多量に摂取することには問題があります。

shixugang / Pixabay

コーヒーは胃を痛めますし、辛いものは頭皮が蒸れたような状態になるため、髪にとって良くありません。

甘いものはとりすぎるとキレやすくなると言われており、ストレスが増えるおそれがあります。

このように嗜好品は量を抑えるか、毎日摂取するのはやめるかして、薄毛につながるのを防ぎましょう。

薄毛になる食習慣は?

頭皮環境を悪化させ、髪の毛をどんどん減らしてしまう食習慣というのは確かにあります。

食べるものによって、薄毛になる可能性が高くなったり低くなったりするというのは世間の常識になりつつあると思います。

どんな食事が薄毛を招くのでしょうか。

最も簡単に思い浮かぶのは欧米から入ってきたものです。

メタボを引き起こすこれらの食べ物は、もともと日本にあった、日本人の体質に合った食べ物を追い出しつつあります。

当のアメリカでは日本食がヘルシーだということに気づき、流行しているのですから、何ともおかしな話です。

食事の欧米化が髪の毛に悪影響を及ぼすというのは、かなり以前から言われてきたことです。 ストレスから完全に逃れることは困難です。

だから、少しでもストレスがあるとその勢いを増してしまう薄毛要因を排除しなければなりません。

自分の食習慣が悪いと分かっていて止められないとしたら、ストレスがその裏にあるのかもしれません。

薄毛を改善するためには、ストレスの対処を考えるという本質的な改善が必要と言えます。

薄毛と肉食の関係

今世の中の多くのひとが、肉より野菜を食べた方が身体にいいことを知っています。

肉が好きで、普段から焼肉やらステーキやらを食べているひとでも、身体には良くないことは知っていると思います。

しかしこういうひとたちが肉食を止めることはあまりありません。

好きだからと言われればそれまでですが、肉食のもたらす弊害の全てを知っていないからということもあるでしょう。

日本では食の欧米化が進んだおかげで確かに青少年の体格が良くなりました。

これは身体がタンパク質を欲しがる余地がまだあったということです。

そういう点では肉食文化も必要なこと だったでしょう。

しかし肉食は周知のとおり、肥満を招きます。

肥満率の高い国の食文化を取り入れたのですからそれはさけられないことです。

そして肉食の弊害は肥満だけではありません。  

普段から肉を好んで食べるひとも実は大して太ってないから、その害を気にしていない可能性があります。

しかし、肉食の弊害が肥満になるということだけではないとなれば、少々勝手が違ってくるのではないでしょうか。

肉食の肥満になること以外の害とは、神経系のアンバランスを招くことです。 私たちの身体をコントロールするものに自律神経というのがあります。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つで構成されていて、お互いがバランスをとっています。  

それぞれの特徴を簡単に言うと、交感神経が優位になると頭を使ったりするような作業に適した興奮状態になり、逆に副交感神経が優位になるとリラックスした状態になります。  

肉食は交感神経を優位にさせるように働きます。

交感神経が優位になることで、頭を使ったり身体を使ったりすることがやりやすくなり、身体が興奮した状態にな ります。

よく肉を食べるのは元気になるためだとか、やる気を出すためだと言うひとがいますが、それはある程度本当のことだと言えます。

反面イライラしたり怒りっぽくなったりするので、頭皮にとってはいい状態ではありません。

また交感神経が優位な状態が長く続くと、免疫システムの白血球のうち、なんと脱毛を促進する種類のものが増え るのです。  

この白血球は頭皮の毛穴に侵入してきた細菌を殺しますが、その時に自分も死んで、活性酸素をまきちらし、毛根 を傷付けてしまいます。

例え頭皮に侵入する細菌がいなくても、毛根に悪い影響を与えてしまうので困ったものです。

このように、肉食を続けることによって毛根を攻撃してしまう白血球が増えてしまいます。

薄毛に悩むひとはなるべく肉食でいないようにして欲しいものです。

薄毛には食生活が大事です。 1日3粒で薄毛対策するサプリメントがあります。

ヘアケア育毛発毛サプリメントGUNGUN(ぐんぐん)

500人以上のモニター参加者が平均30日間で発毛を実感した方法。

あなたがすることは、毎日食後にGUNGUN サプリを飲むだけです。

たったこれだけです。気がつけば発毛を実感できる本物のサプリです。

1.薄毛を進行させる男性ホルモンが活発な状態からDHTの増殖をストップ。

2.GUNGUNを飲むことでホルモンを抑制。発毛、育毛を促進。

3.あとは勝手に太い髪の毛がぐんぐん生える。  

既に発毛することを諦めてしまい、頭皮に対するケアを辞めてしまっていた人ですらたった7日間で発毛を実感をしたと云います。

薬が苦手という方や、高額なエステに通っている人も、自宅で職場で誰に気付かれることなく1人で発毛できますので、もう発毛対策にお金も時間も掛けなくて済みます。

 

商品の詳細は⇒ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】