HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

20代・30代女性に話題沸騰中の占いです★

カリスマ占い師&霊能者が鑑定する恋愛占い

彼・元カレ・旦那・気になるあの人のことがズバリわかります♪







自動車関連なび

2016年大型SUV TOP10!値段もトップクラス!

投稿日:2016年1月2日 更新日:

どもども!HB449でございます(`・ω・´)

日本でもSUVは人気あり様々な自動車メーカーから発売されています。

2016年の今年、大型SUVを購入する人は世界トップ10入りした、スーパーSUVを参考にしてみてはいかがでしょうか?

※アホみたいな価格の車たちだから参考にならないかも(;´・ω・)

リンカーンMKX(10位)

 

802

車種:MKX
全長×全幅×全高=4740mm×1930mm×1685mm
ホイールベース=2820mm
車両重量=2030kg
駆動方式=AWD
エンジン=3.7リッターV型6気筒DOHC
最高出力=227kW(309ps)/6500rpm
最大トルク=380Nm(38.7kg-m)/4000rpm
トランスミッション=6速AT
803

この辺はまだかわいい価格ですww

レクサスLX570(9位)

805

LXは、レクサスのフラッグシップSUVにふさわしく、力強さとラグジュアリーが融合した内外装に、先進の空調システム「レクサス クライメイト コンシェルジュ」や、降車時に自動で車高調整を行う「乗降モード」など、乗員の快適性に配慮した機能を標準装備。

また、トルクフルな5.7リッターV型8気筒エンジンや、レクサス初となるCUSTOMIZEモードを設定したドライブモードセレクトを採用するなど、オンロードからオフロードまで安定したドライビングを実現するという。

さらに、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を国内初採用するなど安全安心に一層配慮している。

804

ジャガーF-PACE S(8位)

806

4731×2070×1652mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2874mmという体躯を備えるF-PACEは、2013年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされたコンセプトカー「C-X17」からインスピレーションを得たデザインを採用。

「PURE」「PRESTIGE」「PORTFOLIO」「R-SPORT」「S」に加え、デビューを記念した限定2000台の特別仕様車「FIRST EDITION」を展開。エンジンは直列4気筒2.0リッターディーゼル(180PS)、直列4気筒2.0リッターガソリン(240PS)、V型6気筒3.0リッターディーゼル(300PS)、V型6気筒3.0リッタースーパーチャージドガソリン(340PS/380PS)を展開し、軽量なアルミニウム製モノコックの採用による車重は「PRESTIGE」(180PSディーゼル/6速MT/2WD[FR])で1665kg、「S」(380PSガソリン/8速AT/4WD)で1861kgとなっている。

また、新開発の「In Control Touch Pro」インフォテインメント・システムやシャープなグラフィックと10.2インチタブレット・スタイルのタッチスクリーンを搭載するとともに、最大8台のデバイスを同時接続できるWi-Fiホットスポットを装備。

そのほか歩行者検知機能付きの自動ブレーキシステムやレーンキープアシスト、車線逸脱警報といった最新の安全装備も搭載されている。

807

BMW X5 M(7位)

809

最高速度 249km/h
0-100km/h加速 4.2秒
燃費 9.0km/ℓ
CO2排出量 258g/km
乾燥重量 2275kg
エンジン V型8気筒4396ccツイン・ターボ
最高出力 575ps/6000-6500rpm
最大トルク 76.5kg-m/2200-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

808

アウディ Q7(6位)

810

新型Q7
全長5,050mm
全幅1,970mm
全高1,740mm
ホイールベース長2,990mm

現行モデルよりも37mm短く、15mm低いサイズのボディを採用。
今までよりもスポーティなモデルとなっている印象がある。

また、新しい軽量設計「MLBプラットフォーム」を基盤とする他、
フロントフェンダーやボンネット、テールゲートなどにアルミニウム素材を用いることで
従来モデルに対して325kgも軽量化、26%もの燃費改善を果たしている。

811

メルセデスベンツ AMG GLS63(5位)

813

擬装が施されているフロント部分ではヘッドライトをリデザイン、エアインテークは大型化され存在感がアップしているようです。
その他、リアコンビランプ、フロントとりあのオーバーフェンダー、21インチアルミホイールがリデザインされるようです。
パワートレインは5.5リットルV8ツインターボエンジンで、557psを発揮します。

812

ボルボXC90 T8 ハイブリッド(4位)

814

最高速度 225km/h
0-100km/h加速 5.9秒
燃費 40.0km/ℓ
CO2排出量 59g/km
乾燥重量 2350kg
エンジン 直列5気筒1969ccスーパーチャージャー/ターボ
最高出力 318ps/5700rpm+電気モーター82ps
最大トルク 40.8kg-m/2200-4500rpm+電気モーター24.5kg-m
ギアボックス 8速オートマティック

815

ポルシェ・カイエン ターボS(3位)

 816

Porsche Cayenne Turbo S|ポルシェ カイエン ターボS
ボディサイズ|全長4,845×全幅1,955×全高1,700mm
ホイールベース|2,895mm
車輌重量|2,215kg
エンジン|4,806cc V型8気筒ターボ
最高出力|550ps(405kW)/4,500rpm
最大トルク|750Nm/4,500rpm
駆動形式|4輪駆動
トランスミッション|8段AT(ティプトロニックS)
0-100km/h加速|4.5秒
最高速度|283km/h
燃費(NEDC)|11.5km/ℓ
ハンドル位置|左 / 右

817

レンジローバー・スポーツSVR(2位)

819

ジャガー・ランドローバーグループの高性能モデルを表す「SVR」最初のモデル
エンジン:V型8気筒 5L スーパーチャージャー
最高出力:550ps(+40)
最大トルク:69.3kgm(+5.7)
ミッション:8速AT
車重:2335kg
各種走行システムを、オンロードからオフロードまで最適化する、ベースモデルからの改良システム「テレイン・レスポンス2」を搭載
水深850mmまで走行可能
牽引力:3000kg
4本のエンドパイプと電子制御バルブによる「2ステージアクティブエキゾーストシステム」により、高回転時の「レースカーのようなサウンド」と日常の「静粛性」を両立
フューエルカット機能をオフにし、シフトアップ時のスピードを50%向上
専用チューニングエアサスペンション、ブッシュ強化(車高変更なし)
0-100km/h加速:4.7秒(-0.6)
最高速度:260km/h(リミッター)
冷却性能、空力性能を高め、風切り音を低減する「大開口フロントバンパー」
リアデュフューザー
専用スポーツシート
標準で21インチ275/45サイズのタイヤを装着
オプションでさらにオンロード性能の高い、22インチ295/40 コンチネンタル「スポーツコンタクト5」を設定

818

 

さてさて堂々の1位は・・・・

 

ベントレー ベンテイガ(1位)

821

ベントレー Bentayga 概要・スペック・価格
ベントレー初のクロスオーバーモデル
モデル名はスペイン カナリヤ諸島の険しい山々から
アウディのSUV「Q7」にも使用される、新設計の軽量プラットフォームを採用
パワートレインに新開発W型12気筒エンジンを用意
1年後にプラグインハイブリッドを追加予定
発売を記念した限定モデル「ファーストエディション」を設定。
販売台数はエンジン出力と同じ608台。
ユニオンジャックバッジ、2トーン22インチアルミホイール、専用キルティングレザーインテリア、10通りの専用エクステリアカラーなどを採用。
スペック
全長×全幅×全高:5141×1998×1742mm
ホイールベース:2992mm
エンジン:W型12気筒 6L ターボ
最高出力:608ps
最大トルク:91.7kgm
ミッション:8速AT
駆動:4WD
車重:2422kg
燃費(欧州値):7.8km/L
0-100km/h加速:4.1秒
最高速度:301km/h
30ヶ国語からチョイス可能な8インチ インフォテインメントシステムを採用
リアシートに、10インチAndroidタブレット「ベントレー エンターテイメント タブレット」を搭載
ベントレー ベンテイガ 価格
2695万円

820

W型12気筒って・・・・・さすがベントレーwww

 

まとめ

個人的には日本発売未定のジャガーF-PACEがかっこいいと思います。

最近のジャガーかっこいいかもwww

昔、親戚のおじさんが乗っていたのを思い出します。

小学生だった当時今でもあの乗り心地は覚えていますが、SUVになってもあのしなやかな乗り心地なのか興味あります。

レンジローバー・スポーツSVRもニュルブルクリンク8分15秒のラップタイムを出しているようので、かなりスポーティで気になるwww

あとボルボもいいね!センスいいww

1位のベントレーのW型12気筒 6L ターボって・・・

買えませんけどのってみてーーーww