【チャットGPTでtoto勝率予想】第1394回 toto くじ情報

目次

横浜F・マリノス VS 北海道コンサドーレ札幌

数値データの集計
横浜F・マリノス
総試合数: 26
勝利数: 15
引き分け数: 5
敗北数: 6
平均勝点: 1.92
ホーム平均勝点: 2.42
アウェイ平均勝点: 1.50
ホームアドバンテージ: +27%
北海道コンサドーレ札幌
総試合数: 26
勝利数: 8
引き分け数: 8
敗北数: 10
平均勝点: 1.23
ホーム平均勝点: 1.17
アウェイ平均勝点: 1.29
ホームアドバンテージ: +5%
直近5試合対戦成績
横浜勝利: 1
引き分け: 1
札幌勝利: 3
分析
直近5試合での各チームの勝点: 横浜はDWLLWで9勝点、札幌はLDLDWで5勝点。
直近5試合での各チームの得失点差: データが不足している。
過去5回の対戦での勝利数、引き分け数、敗北数: 横浜1勝、札幌3勝、引き分け1。
ホームでの平均勝点とアウェイでの平均勝点: 横浜はホームで2.42、札幌はアウェイで1.29。
ホームでの勝率とアウェイでの勝率: 横浜はホームでの勝率が高く(9勝/12試合)、札幌はアウェイで若干マシ(4勝/14試合)。
勝率予想
横浜勝利: 60% – ホームでの強さと平均勝点が高い。
引き分け: 25% – 過去の対戦で引き分けもある。
札幌勝利: 15% – 札幌も過去の対戦で横浜に勝利しているが、ホームでの横浜の強さを考慮すると勝率は低め。
この予想は総合的な分析に基づいていますが、サッカーは状況や日々のコンディションに大きく影響されるスポーツなので、この予想が確実ではありません。ご参考までにどうぞ。

鹿島アントラーズ VS 名古屋グランパス

この予測にはいくつかの側面を考慮する必要があります。以下に各要素を考慮して、予測を立ててみます。

過去の対戦データと最近の形勢
過去の対戦では、ホーム時に31勝、2分、9負、アウェイ時には21勝、5分、21負とあります。合計で見ると52勝、7分、30負です。これに基づくと、ホームが有利であると言えそうです。
直近5試合の対戦では特定の勝利数、引き分け数、敗北数は明示されていませんが、それぞれの最近の試合結果(W, L, D)を見る限り、どちらも不安定な結果が多いようです。
ホーム/アウェイの影響
ホームチームの平均勝点は1.75、アウェイチームは1.33です。ホームチームがやや有利です。
ホームアドバンテージはホームチームには0%、アウェイチームには+18%とあります。アウェイチームがホームでのパフォーマンスに依存している一方で、ホームチームはホーム・アウェイに関わらず安定しています。
直近の形勢
ホームチームの直近5試合の平均勝点は1.65、アウェイチームは1.77です。ここではアウェイチームがわずかに有利です。
総合判断
ホームチームが過去の対戦でやや有利。
ホームチームがホームでのパフォーマンスがやや良い。
アウェイチームはホームで非常に強いが、アウェイでの成績は平均以下。
勝率の予測
ホームチームの勝利:45%
アウェイチームの勝利:35%
引き分け:20%
この予測はあくまで統計データと過去の成績に基づいています。実際の試合結果は多くの要因に影響されるため、この予測が必ずしも正確であるわけではありません。ご了承ください。

アビスパ福岡 VS FC東京

数値化

アビスパ福岡

  • 試合数: 26
  • 勝利数: 11
  • 引き分け数: 5
  • 敗北数: 10
  • 得点: 26
  • 失点: 30
  • 得失点差: -4
  • 勝点: 38
  • 直近5試合: WWLLW
  • 平均勝点: 1.46
  • クリーンシート: 35%
  • 両チーム得点: 46%
  • 無得点: 31%
  • 1.5以上の得点: 62%
  • 2.5以上の得点: 46%
  • 平均得点: 2.15

FC東京

  • 試合数: 26
  • 勝利数: 9
  • 引き分け数: 6
  • 敗北数: 11
  • 得点: 33
  • 失点: 37
  • 得失点差: -4
  • 勝点: 33
  • 直近5試合: WWLDL
  • 平均勝点: 1.27
  • クリーンシート: 27%
  • 両チーム得点: 62%
  • 無得点: 19%
  • 1.5以上の得点: 77%
  • 2.5以上の得点: 54%
  • 平均得点: 2.69

分析

過去の対戦データと最近の形勢

  • 直近5試合での各チームの勝点は?
    • 福岡: WWLLW → 9点
    • 東京: WWLDL → 7点
  • 直近5試合での各チームの得失点差は?
    • 福岡: 不明
    • 東京: 不明
  • 過去5回の対戦での勝利数、引き分け数、敗北数は?
    • 福岡: 2勝、1引き分け、2敗
    • 東京: 2勝、1引き分け、2敗

ホーム/アウェイの影響

  • ホームでの平均勝点とアウェイでの平均勝点は?
    • 福岡: ホーム 1.77 / アウェイ 1.15
    • 東京: ホーム 1.77 / アウェイ 0.77
  • ホームでの勝率とアウェイでの勝率は?
    • 福岡: ホーム 54% / アウェイ 31%
    • 東京: ホーム 54% / アウェイ 15%

予想

考慮すべき要素を総合すると、アビスパ福岡が若干有利な状況に見えます。特にホームでのパフォーマンスがFC東京よりも良いこと、そして直近の勝点でもわずかに上回っている点がその理由です。

  • 勝ち(福岡): 50%
  • 引き分け: 30%
  • 負け(東京): 20%

この予想は、多くの変数と不確実性があるため、あくまで参考程度にしてください。

浦和レッズ VS ガンバ大阪

数値化したデータ

浦和レッズ (Urawa Red Diamonds)

  • 試合数: 26
  • 勝利数: 12
  • 引き分け数: 9
  • 敗北数: 5
  • 得点: 31
  • 失点: 20
  • 得失点差: +11
  • 勝点: 45
  • 直近5試合: D, L, W, W, D
  • 平均勝点: 1.73
  • クリーンシートの割合: 42%
  • 両チーム得点の割合: 42%
  • 無得点の割合: 38%
  • 1.5以上の得点の割合: 65%
  • 2.5以上の得点の割合: 35%
  • 平均得点: 1.96

ガンバ大阪 (Gamba Osaka)

  • 試合数: 26
  • 勝利数: 9
  • 引き分け数: 6
  • 敗北数: 11
  • 得点: 35
  • 失点: 46
  • 得失点差: -11
  • 勝点: 33
  • 直近5試合: W, L, W, D, L
  • 平均勝点: 1.27
  • クリーンシートの割合: 12%
  • 両チーム得点の割合: 69%
  • 無得点の割合: 23%
  • 1.5以上の得点の割合: 88%
  • 2.5以上の得点の割合: 69%
  • 平均得点: 3.12

勝率予想

過去の対戦データと最近の形勢

  • 直近5試合での各チームの勝点は、浦和が8、ガンバが7。
  • 直近5試合での各チームの得失点差は、浦和は+2、ガンバは-1。
  • 過去5回の対戦での勝利数、引き分け数、敗北数は、浦和が2勝、2分け、ガンバが1勝。

ホーム/アウェイの影響

  • ホームでの平均勝点は、浦和が2.08、ガンバが1.75。
  • アウェイでの平均勝点は、浦和が1.43、ガンバが0.86。

総合判断として、浦和が勝つ確率が高いと考えます。具体的な確率を挙げると、

  • 浦和勝ち: 60%
  • 引き分け: 25%
  • ガンバ勝ち: 15%

以上のように、ホームアドバンテージ、過去の対戦成績、最近の形勢などを考慮して予想しました。ただし、これはあくまで予想なので、実際の結果とは異なる可能性があります。

ヴァンフォーレ甲府 VS 大分トリニータ

このようなスポーツ予想は非常に難しいもので、特に未来の出来事に対する100%正確な予測はできません。ただし、提供されたデータをもとにいくつかのポイントを考慮して予想を試みます。

過去の対戦データと最近の形勢
直近5試合での勝点:ホームチームは2勝点(DLDLL)、アウェイチームは3勝点(DWLLD)
直近5試合での得失点差:特定されていない
過去5回の対戦での勝利数、引き分け数、敗北数:特定されていないが、通算対戦成績は9勝4分18勝で、アウェイチームが優勢。
ホーム/アウェイの影響
ホームでの平均勝点:ホームチームは1.63、アウェイチームは1.71(ホームで)
アウェイでの平均勝点:ホームチームは1.29(アウェイで)、アウェイチームは1.31
ホームアドバンテージ:ホームチーム+9%、アウェイチーム+7%
総合判断
ホームチームがホームで若干強いが、アウェイチームが全般的に強い印象。
直近の形勢はどちらも不安定であり、アウェイチームがわずかに上回っている。
通算対戦成績では、アウェイチームが明らかに優勢。
予想
勝ち(ホーム):35%
引き分け:30%
勝ち(アウェイ):35%
これはあくまで独自の解釈と予想です。実際の試合結果は多くの不確定要素に影響を受けるため、この予想が正確であるとは限りません。

ファジアーノ岡山 VS ベガルタ仙台

数値化されたデータの整理
ファジアーノ岡山
試合数: 33
勝利数: 11
引き分け数: 15
敗北数: 7
得点: 42
失点: 35
得失点差: +7
勝点: 48
直近5試合: LDWWW
平均勝点: 1.45
ベガルタ仙台
試合数: 33
勝利数: 10
引き分け数: 10
敗北数: 13
得点: 40
失点: 48
得失点差: -8
勝点: 40
直近5試合: LLWWD
平均勝点: 1.21
直近データとの総合的判断
過去の対戦データと最近の形勢
直近5試合での各チームの勝点は、岡山がより優れている。
直近5試合での各チームの得失点差も、岡山がプラスである。
過去5回の対戦では、岡山が1勝、仙台が2勝、引き分けが3回。
ホーム/アウェイの影響
ファジアーノ岡山のホームでの平均勝点は1.50、アウェイでの平均勝点は1.41。
ベガルタ仙台のホームでの平均勝点は1.18、アウェイでの平均勝点は1.25。
勝ち・負け・引き分けの確率予想
勝ち(ファジアーノ岡山): 45%
引き分け: 35%
勝ち(ベガルタ仙台): 20%
この予想は、過去の対戦成績、最近の試合結果、ホーム/アウェイの状況を考慮に入れていますが、サッカーは非常に予測不可能なスポーツであり、これはあくまで一つの見解です。ご参考までに。

ジュビロ磐田 VS 大宮アルディージャ

データを元にした分析として、以下のようなポイントが考慮されます:

全体の成績
ホームチームは2位で16勝10分7敗、アウェイチームは22位で7勝6分20敗です。
得失点
ホームチームは平均得点1.76、平均失点1.12です。
アウェイチームは平均得点0.85、平均失点1.64です。
最近の対戦成績
ホームチームがアウェイチームに対して通算で15勝、9分、11勝しています。
最近の試合結果
ホームチームの最近5試合:W, L, W, L, D
アウェイチームの最近5試合:W, D, L, L, D
ホーム/アウェイの影響
ホームチームのホームでの平均勝点は1.69、アウェイでの平均勝点は1.82。ホームアドバンテージは-3%。
アウェイチームのホームでの平均勝点は1.24、アウェイでの平均勝点は0.38。ホームアドバンテージは+16%。
総合的な判断として、

勝ち(ホームチーム):70%
引き分け:20%
負け(ホームチーム):10%
以上の確率で予想されます。

この予想はあくまで過去のデータと統計に基づいているため、実際の結果とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

ロアッソ熊本 VS 藤枝MYFC

まず、以下の要点を要約します:

直近のデータ
ホームチームは20位で、8勝10分15敗、勝点34、39得点43失点。
アウェイチームは17位で、10勝7分15敗、勝点37、44得点57失点。
最近の対戦成績
通算対戦成績はホームチームが4勝1分2敗。
最近の対戦ではアウェイチームがより強い印象。
最近の試合結果
両チームとも直近5試合は勝っていない。
ホーム/アウェイの影響
ホームチームのホームでの平均勝点は0.88、アウェイでの平均勝点は1.19。
アウェイチームのホームでの平均勝点は1.07、アウェイでの平均勝点は1.24。
これらのデータを総合すると、

勝率:両チームとも最近のパフォーマンスが良くないが、アウェイチームがわずかに上位であるため、アウェイチームの勝率が高いと考えられる。40%(アウェイ)、30%(ホーム)。

引き分け:両チームとも最近引き分けが多い。また、勝点も近い。引き分けの確率は30%。

負け率:ホームチームは最近のフォームが特に悪いと考え、負ける確率が高い。ホーム30%、アウェイ30%。

このような確率はあくまで仮定に過ぎない点をご理解ください。それに加え、サッカーは非常に予測しにくいスポーツであり、多くの外部要因(怪我、戦術変更、レフェリーの判断など)が結果に影響を与え得るため、この予測は参考程度にしてください。

徳島ヴォルティス VS いわきFC

以下の情報に基づいて勝率を予想します。

数値化されたデータ
徳島ヴォルティス: 試合数 33、勝 7、分 16、負 10、得点 34、失点 43、得失点差 -9、勝点 37、直近5試合 DDWWD、平均勝点 1.12、クリーンシートの割合 27%、両チーム得点の割合 55%、無得点の割合 33%、1.5以上の得点の割合 76%、2.5以上の得点の割合 39%、平均得点 1.03。

いわきFC: 試合数 33、勝 9、分 10、負 14、得点 33、失点 49、得失点差 -16、勝点 37、直近5試合 DDDWL、平均勝点 1.12、クリーンシートの割合 24%、両チーム得点の割合 45%、無得点の割合 45%、1.5以上の得点の割合 55%、2.5以上の得点の割合 42%、平均得点 1.00。

直近のデータと状況
直近5試合での各チームの勝点: 徳島 9点、いわき 7点
直近5試合での各チームの得失点差: 徳島 +2、いわき -1
過去5回の対戦での勝利数、引き分け数、敗北数: なし (ただし、最近の対戦ではいわきが勝利している)
ホーム/アウェイの影響
ホームでの平均勝点とアウェイでの平均勝点: 徳島ホーム 1.19、アウェイ 1.06、いわきホーム 1.06、アウェイ 1.19
ホームでの勝率とアウェイでの勝率: 徳島ホーム 25%、アウェイ 18%、いわきホーム 29%、アウェイ 25%
勝率の予想
徳島ヴォルティス勝利: 35%
いわきFC勝利: 35%
引き分け: 30%
理由:

両チームともに勝点や平均得点が近い。
直近のフォームでは、徳島がやや優れている。
過去の対戦ではいわきが勝っているが、その他のデータを考慮すると引き分けの可能性も高い。
ホームアドバンテージは徳島に+1%、いわきに-2%であり、これも勝率をほぼ均等にする一因である。
この予測は多くの変数に基づいていますが、サッカーは予測が難しいスポーツであるため、結果はこれと異なる可能性が高いです。ご了承ください。

水戸ホーリーホック VS ツエーゲン金沢

データの解釈として、以下のポイントに着目します。

直近5試合の状況
ホームチーム:WDDDD(平均勝点1.18)
アウェイチーム:LWDLL(平均勝点1.00)
ホームチームは直近の5試合で負けていないが、アウェイチームは3敗しています。この観点からは、ホームチームがやや有利であると考えられます。

通算成績
ホームチーム:9勝12分12敗(勝点39、平均得点1.24、平均失点1.61)
アウェイチーム:9勝5分18敗(勝点32、平均得点1.09、平均失点1.63)
ホームチームの方が勝点も得失点差も上であり、特にホームでの成績が良好です。

過去の対戦成績
水戸(ホームチーム)8勝5分4勝
過去の対戦成績からもホームチームが有利です。

ホーム/アウェイの影響
ホームチームのホームでの平均勝点:1.12
アウェイチームのアウェイでの平均勝点:0.69
ホームとアウェイでの平均勝点も、ホームチームが上回っています。

予想
総合的に見て、ホームチームが有利であると考えられます。特に、ホームでの成績が良い点と、過去の対戦成績で上回っている点が影響しています。

勝ち(ホーム):60%
引き分け:25%
負け(アウェイ):15%
この予想はあくまで統計や過去のデータに基づいているため、必ずしも正確であるわけではありません。試合の結果は多くの要因に影響されるため、予想外の結果も十分に考えられます。

清水エスパルス VS モンテディオ山形

ご提供いただいたデータを総合的に判断すると、次のような勝率予想ができます。ただし、これはあくまで統計データに基づいた推測であり、試合の結果を確実に予測するものではありません。

データ解析:
リーグ成績: ホームチームが3位、アウェイチームが9位。ホームチームが全体的に優勢。
直近5試合の勝点: ホームチームが3勝2分、アウェイチームが3勝1分1敗。近況でのパフォーマンスは似たり寄ったり。
得失点差: ホームチームが58得点27失点(+31)、アウェイチームが51得点46失点(+5)。
過去の対戦成績: 8勝3分3敗とホームチームがやや優勢。
ホーム/アウェイの影響: ホームチームのホームアドバンテージが+9%、アウェイチームは+20%。
勝率予想:
勝ち: ホームチーム 60%
引き分け: 25%
負け: アウェイチーム 15%
理由:
ホームチームがリーグで上位にいるため、全体的に勝率が高い。
ホームチームはホームでの平均勝点が高く、最近の形勢も安定している。
アウェイチームはアウェイでの成績がやや不安定。
過去の対戦成績もホームチームがやや優勢。
以上の点を考慮すると、ホームチームが勝利する確率が最も高いと言えそうです。ただし、サッカーは状況や日々のコンディションに大きく影響されるスポーツなので、この予想が必ずしも正確であるとは限りません。

東京ヴェルディ VS レノファ山口FC

数値データ、直近の状態、過去の対戦成績、ホーム/アウェイの影響などを総合的に考慮して、東京ヴェルディとレノファ山口FCの試合の勝率を予想します。

基本データ
東京ヴェルディ: 4位、16勝8分9敗、44得点25失点、勝点56
レノファ山口FC: 19位、8勝11分14敗、28得点53失点、勝点35
直近5試合での状態
東京ヴェルディ: 1勝1分3敗
レノファ山口FC: 1勝1分3敗
過去の対戦データ
通算対戦成績: 東京V勝ち9、分け1、山口勝ち5
ホーム/アウェイの影響
東京ヴェルディ: ホームでの平均勝点1.13、アウェイでの平均勝点2.24
レノファ山口FC: ホームでの平均勝点1.12、アウェイでの平均勝点1.00
総合的に見て、以下のように予想します。

勝つ確率: 東京ヴェルディ 60% – レノファ山口FC 20%
引き分けの確率: 20%
負ける確率: 東京ヴェルディ 10% – レノファ山口FC 50%
理由:

順位と勝点で見て、東京ヴェルディが明らかに上位にいる。
過去の対戦成績でも東京ヴェルディが有利。
ただし、直近の5試合での両チームの状態はほぼ同じで、特に東京ヴェルディのホームでの平均勝点が低いことから、アウェイのレノファ山口FCにも一定のチャンスがあると見られる。
以上の点を考慮して、予想確率を出しました。これはあくまで統計と過去のデータに基づいた予想であり、実際の試合結果は様々な要素に影響される可能性があります。

ジェフユナイテッド千葉 VS ブラウブリッツ秋田

このような試合予測には多くの要因が関わるため、絶対的な予測は困難ですが、提供されたデータに基づいて以下のように分析してみます。

直近5試合での各チームの勝点
ホームチーム:W(3) + W(3) + W(3) + L(0) + D(1) = 10点
アウェイチーム:D(1) + D(1) + D(1) + L(0) + L(0) = 3点
直近5試合での各チームの得失点差
ホームチーム:1-0 + 3-2 + 3-2 – 0-1 + 3-3 = 10-8 = +2
アウェイチーム:1-1 + 1-1 + 1-1 + 0-1 + 0-1 = 3-5 = -2
過去5回の対戦での勝利数、引き分け数、敗北数
ホームチーム:0勝 1分 4負
アウェイチーム:4勝 1分 0負
ホーム/アウェイの影響
ホームチームホームでの平均勝点:1.94
アウェイチームアウェイでの平均勝点:1.38
総合的な判断として、

ホームチームの勝率: 彼らのホームでの平均勝点と最近の形勢が良いため、60%と推測。

アウェイチームの勝率: 過去の対戦成績が優れているが、最近の形勢はあまりよくない。30%と推測。

引き分けの確率: 10%と推測。

この予測はあくまでデータに基づいているため、試合当日の状況などによって変わる可能性があります。お役に立てれば幸いです。

副業でアフィリエイトやブログ運営で稼ぎたい人必見

 

副業でブログ運営やアフィリエイトをしたくても時間がとれないならチャットGPTで記事作成がおすすめ。

しかし、誰でも簡単に記事が書けてしまうから問題がありんす。

グーグルにAIが書いた記事だとすぐにバレます。

 

そこで重要なのがプロンプト(命令文)です。

プロンプト次第で記事の質が全く変わります。

 

アメリカではプロンプトエンジニアと呼ばれる人の年収は5000万円だそうです。

それぐらいAIを使うのにプロンプトが重要です。

●現在も記事作成で苦労している方

●ランサーズやクラウドワークス、ココナラで記事作成の仕事をしている人

●ブログ運営やアフィリエイトで時間があまり取れない人

最強記事作成プロンプトを公開しているのでご興味ある人は是非アクセスしてみてください。

>>人間が80%書いたとグーグルに思われる記事作成プロンプト【GPT4】

 

無料占い

占いは悩み別の専門の占いで鑑定してもらうのが一番です。

仕事の悩みが得意な占い師に恋愛相談しても無駄です。

復縁占い 片思い占い 結婚占い  不倫占い 仕事占い 

自律神経失調症ってどんな症状?治るの? – 自律神経失調症の治し方

他にも810記事あります。

暇がありましたらご覧ください。

その他の記事をみる

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら、

「はてブ」「twitter」「facebook」のボタンを押して多くの皆様に

この記事をシェアして頂けると励みになります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次