クレジットカードをお得に使おう!ポイントの貯め方とその種類

店頭で商品を購入する際にクレジットカードで支払えばその料金の数%がポイントとして還元されるというのはご存知かと思います(一部カードを除く)。

ただし、それは一番スタンダードなポイントの貯め方であって、他にもたくさんの種類や方法、組み合わせがあります。

目次

電子マネーへのチャージでポイントを貯める

By: くーさん

お得を極めるうえでのポイントは「チャージ(入金)」です。

電子マネーには、事前にチャージをする「プリペイド」とクレジットカードと紐付けて後払いする「ポストペイ」の2種類があります。

ポストペイ型は、チャージの手間がなく、紐付けたカードの利用分と同じだけのポイント還元が受けられます。一見、便利なのですが、お得を極めるなら断然プリペイド型です。

なぜならポストペイ型でポイントが付くのは使用時だけですが、プリペイド型なら使用時に加え、チャージでもポイントを付けることができるからです。

「WAON」はイオン系、「nanaco」はセブン&アイ系の店舗での利用時にポイントが付きます。

「Suica」は年会費無料の「Suicaポイントクラブ」に入会しておくことで、エキナカや駅近隣の提携店での利用時にポイントが付きます。

「Edy」は携帯電話と連携させることで、どの店舗で利用しても、14社のポイントサービスから事前に選択したサービスに、利用ポイントを貯めることができます。

こうした利用時にポイントが付く電子マネーに、チャージでポイントが付くカードを使って入金すれば、ポイントの「2重取り」ができます。

さらに、ショップ独自のポイントが付くような用途で電子マネーを使えば、ポイントの「3重取り」も可能です。

ただし電子マネーの決済手数料は2~3%といわれており、これでは赤字です。

これまでも運営会社とユーザーは「裏技」と「対策」のいたちごっこを繰り返してきました。この「3重取り」も、いつまで有効かはわかりません。深追いはしないことが懸命です。

クレジットカード払いのポイントと共通ポイントで貯める

 

クレジットカード✕ポイントカード共通ポイントってクレジットカード系のサイトなどでよく見かける言葉だと思うのですが、一番わかりやすいのが多くの人が活用しているTSUTAYAで貯まるTポイントではないでしょうか。

TSUTAYAではクレジットカード機能が付いていないTポイントカードを提示すればTポイントが貯まりますよね?

そこでTポイントが貯まるクレジットカード、例えばファミマTカードのようなカードを使えば、通常のTポイント+クレジットカードで貯まるTポイントで普段の倍(店舗によっては+α)のポイントが貰えることになります。

このようにポイントカードで貯まるポイントがクレジットカードで貯まるポイントと「共通」しているケースではポイントを集中的に貯めることが出来ます。

当然、TSUTAYA以外にも加盟店(Tポイントだったらファミマやガスト、バーミヤンなど)で使用すればポイントを効率的に貯めることが出来ます。

普段使いの店舗を見なおして共通ポイントも上手く活用しながらダブルでポイントを貯めていきましょう。

これだけ有効な使い方のできるクレジットカード!

持たない手はありません。

大学生は金欠になりやすいです。少しでもお得な情報を有効活用していくことが賢明です。

 

 

副業でアフィリエイトやブログ運営で稼ぎたい人必見

 

副業でブログ運営やアフィリエイトをしたくても時間がとれないならチャットGPTで記事作成がおすすめ。

しかし、誰でも簡単に記事が書けてしまうから問題がありんす。

グーグルにAIが書いた記事だとすぐにバレます。

 

そこで重要なのがプロンプト(命令文)です。

プロンプト次第で記事の質が全く変わります。

 

アメリカではプロンプトエンジニアと呼ばれる人の年収は5000万円だそうです。

それぐらいAIを使うのにプロンプトが重要です。

●現在も記事作成で苦労している方

●ランサーズやクラウドワークス、ココナラで記事作成の仕事をしている人

●ブログ運営やアフィリエイトで時間があまり取れない人

最強記事作成プロンプトを公開しているのでご興味ある人は是非アクセスしてみてください。

>>人間が80%書いたとグーグルに思われる記事作成プロンプト【GPT4】

 

無料占い

占いは悩み別の専門の占いで鑑定してもらうのが一番です。

仕事の悩みが得意な占い師に恋愛相談しても無駄です。

復縁占い 片思い占い 結婚占い  不倫占い 仕事占い 

自律神経失調症ってどんな症状?治るの? – 自律神経失調症の治し方

他にも810記事あります。

暇がありましたらご覧ください。

その他の記事をみる

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら、

「はてブ」「twitter」「facebook」のボタンを押して多くの皆様に

この記事をシェアして頂けると励みになります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次