HBブラザーズマガジンは空いた時間に様々な情報をサクッと読めるブログです。

HBブラザーズマガジン

20代・30代女性に話題沸騰中の占いです★

カリスマ占い師&霊能者が鑑定する恋愛占い

彼・元カレ・旦那・気になるあの人のことがズバリわかります♪







自動車関連なび

【Cセグメント新車購入シリーズ】アウディA3 スポーツバックを試乗!

投稿日:2015年9月10日 更新日:

どうも!HB449でございます(-ω-)/

本日はCセグメントでおすすめの自動車一覧【Cセグメント新車購入シリーズ】第5弾!

先に関係のない新型アウディTTの試乗を先に記事にしてしまいましたが、最終回のアウディ A3を試乗含めて紹介します。

関連記事

第1弾【Cセグメント新車購入シリーズ】レクサスCT200hを見てきた! 

第2弾【Cセグメント新車購入シリーズ】フォルクスワーゲン ゴルフを試乗!

第3弾【Cセグメント新車購入シリーズ】BMW2シリーズグランツアラーを試乗!

第4弾【Cセグメント新車購入シリーズ】BMW1シリーズを試乗!

に続いての第5弾です。

アウディ A3

 629

 

基本情報

世界的なプレミアムコンパクトクラスに位置する、アウディ「A3 スポーツバック(Sportback)」。

エントリーモデルである「1.4TFSI」は、直列4気筒 1.4L 直噴TFSI ICターボを搭載した7速Sトロニック、

パワートレインFSI(=直噴ターボエンジン)を搭載した「1.4TFSI シリンダーオンデマンド」

1.8L 直噴FSIターボ「1.8TFSIクワトロ」は輸入プレミアムコンパクトクラスでは唯一となるフルタイム4WDシステム「クワトロ」、6速Sトロニックを採用。

 

どちらもアイドリングストップ機構「スタートストップシステム」を搭載。

最新の超軽量技術により、従来技術での限界を超え、さらなる軽量化を実現した。

キャビンには熱間成形スチール素材を採用、これによりキャビン単体の重量は従来比で37kg減少。

インテリアやエンジンにまで徹底され、車両トータルとしては最大で60kg軽量化され、1.4L TFSIエンジン搭載モデルの車両重量はわずか1320kgに抑えらた。

 

エクステリアは、全長4,325mm、全幅1,785mm、全高1,435mmと従来型よりわずかに大きく、引き締まったスタイルとなり、ホイールベースは2,635mmと60mm長くなった。

 

低いフロントエンドからはじまるボディラインはドーム状のルーフと小型ルーフスポイラーを経てテールエンドまで、伸びやかに続いている。

さらに、3つの窓を配したボディサイドは、細部まで入念に考え抜かれた張りのあるデザインとなり、足下には16インチまたは17インチのアルミホイールを採用。

インテリアは、低い位置に装着されたメーターパネルと、ドライバー方向に向けてオフセットされたセンターコンソールとがあいまって、まるで浮き上がった様なダイナミックな印象を与え、エレガントかつ軽快で清潔感溢れるデザインとなった。

 

さらに、新開発されたインフォテイメントシステムAudi connect(アウディコネクト)をオプション装備。

MMIナビゲーション システムの拡張機能として搭載されるもので、走行中のインターネット接続を可能とし、簡単な直感的動作でドライバーに適切な情報提供を行う。

 

ナビゲーションにGoogle EarthのイメージやGoogleストリートビューを表示することができる他、近隣空港のフライトインフォメーション、天気予報、駐車場やガソリンスタンドの情報などが入手可能。

 

またこのシステムには最大8台まで接続可能な無線LAN機能があり、ポータブルデバイスを使用して同乗者もネットサーフィンやメール送受信などが可能。

 

630

すでに我が家では購入するのはゴルフかA3の2択になってます。

メルセデスのAクラス・アルファロメオはデザインが好きでないので試乗するのをやめました。

今回の試乗は担当の営業さんに予め試乗をお願いしておきました。

展示車はA3のスポーツバック1.4TFSIシリンダーオンデマンドSラインだったか、S3だったかわすれちゃいましたがフォルムの低く、かっこいいです。

 

今回はベースグレードでいいので、低すぎするのは却下です。

※一枚だけ撮ってありました。

628

まずは恒例の後部座席のチェックから。

やはりゴルフと一緒で中々の広さです。

座り心地もわるくありません。シートはゴルフよりいいかな。

実はアウディに来る前に、ゴルフを見に行ってきました。最終チェックです。

トランクも広々。

運転席もA3のほうが価格が高い分、プレミアム感があります。

なによりMMIも使いやすく、グーグルアースのマップも綺麗でパソコンを見ているようです。

MMI上部のタッチパッドの感度もよく、ひらがなも数字も認識してました。

631

思った通りいい車です。

 

では早速試乗。

営業マンは同乗しません。※TTの時と同じ理由

試乗車はスポーツバックがなくセダンでの試乗となりました。

632

乗り出してすぐに感じるフィーリングはゴルフのハイラインに比べると、馬力が劣る分もたつき感はありますが、ゴルフにくらべると静かです。

街乗りには十分だと思います。

何より足回りもそれほど固くなく、乗り心地は非常にいいです。

営業マンがいないので、色々走りをチェックできます。

ブレーキのフィーリングもまずまず。

アイドリングストップ機能もBMWに比べると静かです。

ゴルフは試乗の時、この機能を切ってあったようなので、確認とれてませんが、慣れないと違和感があります。

街乗りは小回りも効くし、扱いやすい車です。

次はアクセルを全開にしての加速力ですが、ゴルフのハイラインより劣りますが、まずまずではないでしょうか。

高速の合流もこれだけの加速があれば流れにすぐにのれます。

最近の低排気量のターボはよくできてます。